サラリーマンの「俺は失敗してねーし」

あー、そうですよ!サラリーマンの愚痴ブログですよ。 人が言われてなかなか変わらないことは知っているが、せめてここでは愚痴らせてくれぃ!

日本の生涯給与の全国平均は2億2304万円らしい!平均年収に換算すると

この前、2019年の東洋経済のニュースに、生涯給与が高い企業のランキングが掲載されていました。
う~ん、いいなー、、、

うちの会社はと言いますと、もちろん生涯給与全国平均より下回っていました、、、
そんな生涯給与の全国平均を年収に換算してみました。

 

サラリーマン人生は何年なのでしょうか?大卒で就職したと想定すると

f:id:taizai7h:20191208214601p:plain

仮に、大学を卒業して就職すると、大学卒業は22歳なので、
23歳から60歳までサラリーマンは働かなければならないことがわかります。

つまり、合計38年、、、

とほうも無いですね、、、俺はあと、何時間働かなければならないかというと、計算は出来ますが、怖くて辞めておきます、、、

生涯給与をサラリーマン人生の38年で割ると平均年収は

f:id:taizai7h:20191208214611p:plain

586万円でした。

あれ?生涯給与平均額に近しい会社の山陰合同銀行の平均年収が641万円でそれより安いし、
インターネットで日本の全国平均年収額を調べてみると、420万円ともいわれています。
勝敗給与推計も、今の平均年収とは違うのかもしれません、世代が違えば給与も違うだろうし、一体どうやって計算したのでしょうか。

やはり平均年収600万円以上は欲しいものですね、、、

(どーしよう。皆さん就職活動時には平均年収も選択肢に意識するように!)