サラリーマンの「俺は失敗してねーし」

あー、そうですよ!サラリーマンの愚痴ブログですよ。 人が言われてなかなか変わらないことは知っているが、せめてここでは愚痴らせてくれぃ!

働く高齢者の年金を減らす在職老齢年金制度の月収を51万円超えに

在職老齢年金制度、ニュースを読んで有ってしかるべき制度だとは思いましたが、
初めてその存在を知りました。
年金生活の事を、まだ意識しない世代は、その時の生活について無知なものですね。

 

在職老齢年金では65歳以上の働く高齢者は年金と賃金の合計が月47万円を超えると年金が減額される

f:id:taizai7h:20191112234228p:image

これで十分だと思うのですが、

厚労省が月47万円を月62万円超えで提案し、結果月収51万円超えに見直す案が社会保障審議会に示されるらしい。

 

何故増額?月収47万円もあれば十分なのでは?

仮に高齢者を

  • 住宅ローンも無く
  • 子供も二十歳を越えている

状態で考えたら、月収47万円もあれば十分裕福な生活が出来ると思うのですが、何故62万円超えに提案しようとしているのか不明です。
年金は、抑えられる人は抑えるべきだと思うのですが・・・・

年金をもらいたいなら自ら賃金を抑え、年輩なんだから若い人に活躍(稼ぎ)の場を譲る次世代行動に出れないものなのか?

裕福に年を取った人も、みんな自分が死んだ後の次の世代の事なんか考えられないものなんですかね?
十分人生も過ごし裕福なんだから、そんな先の人への少しばかりの寄付をしても良いという考えになりそうなものなんですが、、、やはり、こういう法案を考える人も、日本より我が家なんでしょうかね。

何故、こういう提案になるのか知りたいです。