サラリーマンの「俺は失敗してねーし」

あー、そうですよ!サラリーマンの愚痴ブログですよ。 人が言われてなかなか変わらないことは知っているが、せめてここでは愚痴らせてくれぃ!

米中貿易摩擦問題。これ日本にとってはチャンスではないのか?頑張れ日本

大きな大国の二つのアメリカ・中国が貿易戦争をし、
関税をかけ互いに妥協をせずに、世界中の経済を巻き込んだ問題になっている。

しかし、普通に考えるとこういう時は第三者はチャンスなのではないでしょうか?

 

日本は漁夫の利を得ることができるのでは

漁夫の利とは

漁夫の利とは、当事者同士が争っているうちに、第三者が何の苦労もなく利益をさらうことのたとえ。

 つまり、アメリカと中国が、互いに関税をかけ貿易が難しくなっている状況ですが、
こういう時がチャンスとばかりに、例えば日本がアメリカに対しても中国に対しても、

にとって代われれば、日本にとってチャンスになると思う。

 

これはサラリーマン社会でもいえ、

先輩が忙しくいつもの仕事が出来なくなった時こそ後輩にとっては先輩にとって代われるチャンス

と言える。
そんな風に、後輩には行動をして欲しいと思っている。まあ、俺の年代も”先輩”という立場だと思うのですが・・・

問題は、

  • とってかわるほどの仕事を持っていない先輩や
  • 後輩に譲らず自分のポジションを維持しようと居場所にしがみつく先輩

といった、年配者側にあることの方が多いんですけどね、、、

 

ここ数年でわかったことは、全ての問題や失敗は、実はチャンスでもあるだということです。