サラリーマンの「俺は失敗してねーし」

あー、そうですよ!サラリーマンの愚痴ブログですよ。 人が言われてなかなか変わらないことは知っているが、せめてここでは愚痴らせてくれぃ!

将来の年収を意識て就活しよう、就職しよう、働こう

私は、失敗したとは思いたくないですが、
普通に人並みには生活していますが、
40歳代と年を取った今、若い時に考慮の至らなさを感じます。

それは以下の記事を読んで思いました。

同じように修士卒ですが年収を考えずに就活し就職しました

kumagi.hatenablog.com

そもそも、初めて社会人になる就活するにあたり社会の事を知らなすぎずに
年収というものをイメージしていませんでした。

やりがいも大事ですが、結局働く理由はお金です。
サラリーマンという安定している仕事の中でも、いい給与をもらっている人もいれば、良くない給与の人もいますし、

 

将来の年収の伸びも知った上で就職べきです。

今の私は後悔しています。

就職したい会社の年収を知る方法

就職したい会社の年収を意識するならば、

を見るべきです。
その会社の平均年齢と平均年収が分かります。

これはとても重要な情報です。

仕事はお金じゃない、安定性じゃない、やりがいだ

そんな感じに就職しました、サラリーマンに。
しかし、サラリーマンは公務員ほどではないですが、安定性を求めているわけです。
やりがいと言っても、自分の自由になるわけではないです。サラリーマンですから、、、

やりたいことが出来ずに、嫌な思いもするわけですから、それはお金が欲しいわけです。

サラリーマン社会は、仕事が出来る出来ないではないんです。
出世して上に行くにはコツがあるわけです。
そんなことも知らずに、歳をとって知っても後の祭りです。

就職する前に、そういった事を知っていたら、
もしくは、20歳代にそこまで考えられていて将来を考えていたら、もっと違った人生だったかもしれない(例えば、同じ会社の中でも)と、今になって大学時代に社会勉強の無さを痛感しています、、、

就職活動をしている人は、この屍を越えて行ってほしいです。