サラリーマンの「俺は失敗してねーし」

あー、そうですよ!サラリーマンの愚痴ブログですよ。 人が言われてなかなか変わらないことは知っているが、せめてここでは愚痴らせてくれぃ!

駄目な上司・部下になってはいけない上司の特徴。10年後付き合いわかった真実

サラリーマンになると、ダメな上司っていますよね?
嫌な上司は結構いますが、それでも何とか関係を持って頑張ってきたとします。
俺頑張った、うまくやれた、とその場は思うわけですけど・・・

しかし、十年くらい経つと後悔することがあるのです、、、

それは上司がいつまでも同じ場所(同じポスト)にいて出世しないわけです

上司が出世しないということ=ほぼその部下である自分も出世しない

ということです。

何故ならな、自分を評価しているのはその出世しない直属の上司であり、
出世しない上司が、自分の部下を先に出世させるわけがないのです。

これはこの上司を頭とした組織が会社のただの変わらない歯車でしかないのです、何十年も。
10年という取り返しのつかない月日がたち気が付いた私は非常に後悔しました。

 

「いちまでも同じ場所にいるんじゃねぇっ」

f:id:taizai7h:20180917082923j:plain

これは私が上司に言いたい言葉ですが・・・
でも、この10年後の事実に私が気づいていたら、これは私にも言いたい言葉でした。

出世したいならダメな上司の下についていてはダメ

ポンコツにならねえうちに、やれる事やっておけ!
駄目な上司に付き合わず(何年もかけてなんとか関係を作って頑張ってきたのに、、、)、転部した人たちが正解でした。

10年後に気が付いた、最悪な事実でした。

でも本当に会社で悪はその上司の上司

ただの責任逃れの年功序列制度で、出来ない上司を昇進させたわけですから。
でも、その上司の上司にとっては、問題のない常に変わらない歯車が出来ることは都合の良いことなんだと思いますが・・・。

そんな組織の仕組みの事を知らないと出世は出来ないということみたいです。