サラリーマンの「俺は失敗してねーし」

あー、そうですよ!サラリーマンの愚痴ブログですよ。 人が言われてなかなか変わらないことは知っているが、せめてここでは愚痴らせてくれぃ!

あなただけの判断では信用できないから警察に連絡します

高速バスが道を間違え、夜の参道で立ち往生したニュース見ましたか?

お客さんの心理と、組織のいち社員の担当者としての心理が色々読み取れ
何か非常に共感するものがありましたので、記事にし、自分としても忘れないようにしたいと思いました。

ニュースの概要。担当者は不安ながら個人の裁量で頑張る、お客さんが恐怖する

f:id:taizai7h:20180901070816p:plain

 

ニュースの概要を整理すると、

  • 高速バスの運転手が渋滞を避けようと迂回する(会社指示)
  • 道を間違え山道に入り車体をこすりながら狭い道を進む
  • 道の脇には崖があり転落の危険性もありそうだが、運転手が進む
  • 最終的には立ち往生

それは、お客さんも不安になりますよね。
命の危険性があるわけですから、、、そりゃ恐怖します。

 

要するに仕事は信用が第一

要するに仕事は、信用が第一なんだと思います。
初めて取引する場合、その信用を

  • 担当者の人柄から見極めるか
  • その会社のネームブランドや規模・歴史から見極めるか(法人)

その両方が、「任せられるか?信用に足るのか?」の見極めなんだと思います。
一度、関係性が出来てしまえば信頼関係でわかるのですが。

任せたけど「信用できない」と判断した場合どうするか

f:id:taizai7h:20180901071400p:plain

その担当者に任せたけど、任せられないと感じた時にどうするか?
まず、任せられないという判定基準は、あいまいで取り返しがつかなくなってしまう場合もありそうですが、とりかえしがつかなくなる前に判断・決断すべきですね。

任せられないと感じるのは、たいていの場合は

  • その個人に対して任せられない

というものです。会社としての組織の(複数人による)判断ならばより正しい判断が出来る可能性があります。
それでも、不安となってしますケースがあります。

そうしたら、その会社自身がダメなので自分がその会社を選んだ目の無さを後悔しながら、さらに外部組織を巻き込む必要があるかもしれません。

今回、

「あなただけの判断では信用できないから警察に連絡します」

が良い決断、そして良い発言だったと思いました。

まとめ

より合理的で安全な判断は、よりたくさんの人を巻き込んで検討するのがベストですよね、多少時間がかかったとしても。

そしてよりスピーディーに決断と行動したいときは、信用できる人の個人依存が一番ですけど。