サラリーマンの「俺は失敗してねーし」

あー、そうですよ!サラリーマンの愚痴ブログですよ。 人が言われてなかなか変わらないことは知っているが、せめてここでは愚痴らせてくれぃ!

使命感でやるべきことをやること・男気あるカッコイイと、昇進していく人は違う

40歳も過ぎ、昇進の仕組みも理解し
出世コースにはもうたどり着けないとわかると

  • 使命感を持ってやるべきことをやっている人と
  • 男気あって上司にも文句を言いカッコよく働いている人と

昇進していく人は違うな、と感じます。
もちろん、私もカッコよくありたく仕事をしていましたが
他の手を抜きながら適度に仕事をしている人に埋もれてしまいました。

昇進する人は、昇進するためにどうするのが良いのか考えながら仕事をしているんです。仕事のやりがいやカッコよさじゃないんです。

なので、上にへつらったりもするし、(上への)アピールも良く、対した男じゃない人が多いです。

最後の望みをかけて見ず知らずの、でも私の上の上の役員に話をしてみた

 

もう出世コースには間に合わないとはわかっていても、

  • そのうち、定年が伸びるから丁度よくもなったりするのでは?

とも思いながら、出世を諦めず最後の足掻きでいろんな上の人間と話しました。
出征したいというよりは、会社の中でもやることやっている方なので、それに見合った給与が欲しいわけです。その給与をもらう給与テーブルが出世しかないとしたら出世するしかないわけです。

課長や部長に話しても、自ら権限がない、中間管理職だっていうのならば(存在価値あるのか?)
役員を捕まえて話すことにしました。

結果的に役員も大して会社の未来を考えていなかった。後継者問題

会社の組織の中では上の上、
見も知らずの役員を捕まえて、悩みの話をして、話を聞いたところ

  • 正直、商売の事は考えていたが会社の存続の事は考えていなかった

つまり、今後の自分の事しか考えていないように感じました、、、

こりゃ駄目だ。
後継者がいないとは口にするものの、後継者を育てようとはしていないことがわかりました。

全然聞きたい話も話したい話も出来なかったがアピールにはなった

全然、話したい気持ちも伝わらなかったし
(伝わったかもしれないが、具体的で明確な解決策無し。頓珍漢なアドバイス
聞きたい話も聞けませんでした、そもそも無いのかもしれません。

でも、とういう人がいるというアピールにはなったと信じるしかありません。
伝えないよりは、伝えた方が良い。それしか結果が残せませんでした。
(定期的に、アピールしないと役員からは忘れ去られてしまうかもしれません)
そして、これが出世するタイプの行動だったのかもしれません、もっと早く気づけば。

定年まで残りの会社の生活、普通の私の会社の昇進の仕組みじゃあ(何年この役職を経験しないと次の役職に進めない)先が知れているな、
そんな先が知れた会社にどこまで尽くせると思っているのだろうか?(バカにしているのか?)