サラリーマンの「俺は失敗してねーし」

あー、そうですよ!サラリーマンの愚痴ブログですよ。 人が言われてなかなか変わらないことは知っているが、せめてここでは愚痴らせてくれぃ!

女性減点、結婚や出産で辞める女性が多い。東京医大の合格数問題

東京医大の合格数で、女性というだけで減点となるニュースが流れた。

「結婚や出産で医師を辞める女性が多い」などとして、東京医科大学の合格者数を意図的に減らしていた。

f:id:taizai7h:20180804103519p:plain

女性差別の問題だ、しかし、この発言は大きな声では言えないがサラリーマンである私にもわかる。

自然に合理的に、そして利己的に考えると、サラリーマンも

部下や自分のチームの戦力は、いつでも・これからもずっと頼れる男性で固めたいと思う。

 

女性は育てても居なくなる可能性があるし、居なくならないにしても突然育休に入ってしまう可能性がある。

そうなると、自然と

  • 男性は将来を考えて根強く育てるが
  • 女性はそこまで力をかけない

という状況が出来ます。
これは女性差別とかしているわけではなく、合理的に利己的に考えると誰でも今の仕組みならそういう答えになると思うのです。

 

では、この問題は女性である限りどうしても発生する問題です、つまりどうしても避けられない現象です。

なので解決策として、男女平等にするためには男性も同様な条件にする社会の仕組みにしてはどうか?

となります。

男性も、

  • 育休を一年とる。
  • そして辞めて転職してしまう可能性も広げる(主夫の可能性も)

となりますと、合理的で利己的な考えも「女性だから」という女性差別問題にはならなくなります。

これはこの女性差別問題解決としてアリではないでしょうか!?

 

となると、次に発生するのは独身問題

独身者には

  • 育休も
  • 主婦、主夫

の問題も、発生しないんですよね、、、
子供を生まないという、日本の将来に対する問題も、、、

生涯独身者の方が、会社にとって有益というのも限りませんしね(休みが少ないという意味で有益かもしれませんが、社会性があるかどうかは不明です)。

生涯独身者も差別なく扱うためにはどうしたら良いのでしょうかね。
結婚して子供を産まないと、明らかに損という社会・会社の仕組みにしない限りは、どうにもならないかもしれませんね。

以上、結婚と出産問題による女性差別問題の解決策の話でした。