サラリーマンの「俺は失敗してねーし」

あー、そうですよ!サラリーマンの愚痴ブログですよ。 人が言われてなかなか変わらないことは知っているが、せめてここでは愚痴らせてくれぃ!

失敗したその時は、一緒に汚れてやる。アリスと太陽

ジャンプの新連載「アリスと太陽」
またまたサラリーマンな私に響いちゃったな。

 

そのシーンがこちら。

全然違うよ!

ここのお客さんは同じ学校でもないし、完全アウェーで・・・
お金払って音楽を聴きに来てる!

そんな人達の前で演るなんて・・・
出来るわけがない
僕にはーーー

違う!

 

f:id:taizai7h:20180711060710j:plain

 

君は逃げない!
ここにいてもらう!
君なら出来るよ

私は君に賭けたから

 

失敗・・・したら?

その時は一緒に汚れてやる

だからーーー演ろうぜ

 

 

上司である人は、部下にこれくらいの思いで接してほしい。それが私の理想です。

もしくはリーダーである人は、メンバーにこれくらいの思いで接してほしい。それが私の理想です。

それくらいでないと、人はついてこない。魅力も何もない。
それは私が部下だったりメンバーだったりした時に感じたことで、そして私の上の人にはそんな気持ちの人は一人くらいしかいませんした。

 

私の周りではほぼ、十中八九
失敗したときは部下やメンバーのせいにして逃げる上司またはリーダーがほとんどでした。くそですよ、クソ。

ついていけないっすよ~、そんな人には。

もっと男気見せて、人がついてきたくなるような仕事をしたい。
そういう人を評価でき、ふるいにかけられる人事制度が良いですね。
(目が雲った上から評価じゃわからなく、部下やメンバーからの評価でしかわからないかもですね)