サラリーマンの「俺は失敗してねーし」

あー、そうですよ!サラリーマンの愚痴ブログですよ。 人が言われてなかなか変わらないことは知っているが、せめてここでは愚痴らせてくれぃ!

真実をそのまま人に伝えようとする余り聞く人の心を忘れてしまうのが学者の悪い癖だ

漫画「ノアズノーツ」よりの一コマです。

読んでいて共感しました。
技術者の仕事は、真実をそのまま人に伝えようとする余り、
聞く人の心を忘れてしまいがちだと。

やはり、
技術者ももしも真実だけじゃなく、伝えたいのならば
伝えるための技術を学ぶべきだと。

真実をそのまま人に伝えようとする余り聞く人の心を忘れてしまうのが学者の悪い癖だ

f:id:taizai7h:20180514222439j:plain

でもなんでみんなに嘘を・・・

本当の事を言えば信じてくれるとは限らないだろ?

真実をそのまま人に伝えようとする余り
聞く人の心を忘れてしまうのが学者の悪い癖だ

 これはオーバーであり
詐欺師的な部分を含んでしまうかもしれませんが

一理あると思います。

  • 聞く人の心を考える
  • どうすれば響くのか

を考えてこそ、一人前の技術者だと思います。

技術者的に正しいことを真っ向から正論で論破していくのは正しいかもしれませんが
お客さんを論破するというのは、お金をもらっている以上・商売をしている以上、サービス精神に欠ける気がします。

ここが営業と技術者の大きな違いだと感じます。

 

皆が見ているのは理屈の正しさじゃない、誰のどんな話を信じたいかだよ

f:id:taizai7h:20180514222431j:plain

動物に道を尋ねる
なんて聞いたらどう思う?

「この学者バカだな」と思われたら、ここまでの信用がパアだ

皆が見ているのは理屈の正しさじゃない
誰のどんな話を信じたいかだよ

矛盾するようだが大事なのは結果的に
信じてもらえるかどうかさ

結果的に皆は僕を信じ航海は上手くいっている・・・
それでいい

ちなみにキミにあげた酔い止め
ただのラムネだよ

プラシーボ効果っていうんだ
おバカさん程、良く効くんだよね

ほら、
だましてでも結果がいい方がよいでしょ?

騙す?・・・ねぇ

・・・もしかして、優しいのもみんなを看病してあげたのも・・・

 「誰のどんな話を信じたいか」

非常にわかります。

あまりよろしくは無いのですが、同じことを言うとしても
誰が言うかで効果が違うことがあります。同じことなのに。

それは信用の差かもしれませんが、誰が誰にいうかは円滑に効果的に進めるにあたり非常に大事な気がしています。

影響力の差という、フラットな視線で見るとよろしくないかもしれませんが
長年の働きからの信用と信頼から影響力は生まれてくると思います。直ぐに出来ない積み重ねですね、、、

僕は全世界の人に研究を聞いてもらいたい、そのためには、研究だけじゃダメなんだ

f:id:taizai7h:20180514222412j:plain

もちろん全部演技さ

伊達にテレビに出てないだろ?

僕は全世界の人に研究を聞いてもらいたい
そのためには、研究だけじゃダメなんだ

 何かをしたい場合は、純粋にそれだけをやりたいところですが
やはり、それだけじゃダメだってことが、歳をとってからわかってきました。

直球でそれだけでも良いのですが(仕事としては年を取れば太刀打ちできないわけではないですが)、
それだけでは全然評価されない人になってしまいます、私みたいに。年を取って頑張ってきたのに残念な状態に、、、

以上、技術者も効果的にするためには営業や演出も考えて行かなければ効果が低いというちょっと理不尽かもしれませんが現実の話でした。
直球ストレート勝負だけじゃ、いくら頑張っても普通の人では勝てないという話ですね、、、
私の屍を超えていってほしいために書いています。