サラリーマンの「俺は失敗してねーし」

あー、そうですよ!サラリーマンの愚痴ブログですよ。 人が言われてなかなか変わらないことは知っているが、せめてここでは愚痴らせてくれぃ!

梁山(りょうざん)の加藤君が俺史上最もカッコいい男の理由

日本人的なカッコよさとは武士道から来ている気がする。

武士道は、日本の文化的な精神であり
新渡戸稲造が理解を求めるように海外に広めたように、一般的に海外では考えずらい精神論なのかもしれない。

 

f:id:taizai7h:20180502001759j:plain

なんでここに・・・!?

少しいいですかぁ

梁山(りょうざん)のサッカーはどうでしたかぁ

 

f:id:taizai7h:20180502001745j:plain

もの凄く強かった

うんうん、概ね好評ときたぁ

 

 

f:id:taizai7h:20180502001737j:plain

自慢のチームなんでねぇ

高校最後ぉ

 

f:id:taizai7h:20180502001725j:plain

良いサッカーができぃ
とても勉強になりましたぁ!!

ありがとうご聖跡ぃ!!

 

f:id:taizai7h:20180502001711j:plain

そしておめでとう

f:id:taizai7h:20180502001702j:plain

失礼しますぅ

f:id:taizai7h:20180502001649j:plain

強かったぞぉ、聖跡ぃ

f:id:taizai7h:20180502001637j:plain

加藤くんは俺史上最もカッコいい男だったかもしれない

全く同感だよ

 

武士道の精神は、全部で

  • 義・勇・仁・礼・誠・名誉・忠義

とあるが、この中で漫画「DAYS」の梁山高校の加藤君は
義や仁はもちろんのこと、

勇をもって、立場上つらいところだが一人で聖跡に話しかけに行った

礼をもって、聖跡に接し、感謝と祝福とお礼を伝えた。精いっぱい戦った相手と言えど、初めて会った相手になかなか出来ない、とても出来ないことだと思う。

この行動は誠さも感じ、また自分たちの名誉も伝えた。

組織に忠義をし、自己を犠牲にして組織に対し客観的な見解を得る行動だと思う。

やはり、加藤君は見た目はいまいちですがやはりカッコイイと思える
それは特に相手に対し礼儀を重んじた行動・感謝を一人だろうと口にしていることが、日本人としてはかっこよく思えました。