サラリーマンの「俺は失敗してねーし」

あー、そうですよ!サラリーマンの愚痴ブログですよ。 人が言われてなかなか変わらないことは知っているが、せめてここでは愚痴らせてくれぃ!

熱血生意気実力主義、ジャンプの卓球漫画「フルドライブ」

ジャンプで連載を始めた卓球漫画「フルドライブ」
ご存知でしょうか?

なんか、漫画の王道としては二種類あり

  • 主人公が実力主義でパワーでのし上がっていく
  • 主人公が弱く、熱意で回りを巻き込んでいく

この二種類の漫画がサラリーマンの私の目には止まります。
サラリーマンだからでしょうかね~。
(主人公が両方バランスよく持っている漫画もありますけどね)

f:id:taizai7h:20171217104340j:plain

 

前者の実力生意気、でもそれ見合う負けない負けず嫌いと練習量。一番を目指す

そんなイメージの漫画が「フルドライブ」です。

自分が出来る「個」を強めていき、卓球界のてっぺんを目指す漫画です。
サラリーマン社会でもこういう人はいますが(技術者に多い)、サラリーマン社会に「個」のてっぺん(一番)は存在するのでしょうか?

 

「どうすればいいのか分からないけどさんざん大口を叩いてきたからな」

f:id:taizai7h:20171217103651j:plain

どうすればいいんだ・・・

どうすればいいのか分からないけど
さんざん大口を叩いてきたんだからな

たとえ練習試合でも

 

 

f:id:taizai7h:20171217103700j:plain

このままやられる訳にはいかないな

f:id:taizai7h:20171217103711j:plain

やるだけやって、それでもダメなら
しょーがないからやれることを考える。

やっと一泡

個としてはかっこいいですね。

個でなくても、諦めが良く合理的な行動よりも
諦めが悪く、あがいて勝ち取った方が、かっこいいですね。

要するに、個としても組織としても

限られた時間の中で、一生懸命考え一生懸命生きるのが一番カッコイイ のかもしれません。

合理的にだらだら給与をもらって普通に無難に生きるよりも。
一生懸命行動したなら失敗したっていい、たかが仕事なんだから。

 

なーんて、来年から頑張ってみようと思っている年末でした。