読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンの「俺は失敗してねーし」

あー、そうですよ!サラリーマンの愚痴ブログですよ。 人が言われてなかなか変わらないことは知っているが、せめてここでは愚痴らせてくれぃ!

残業を残業代欲しくてしている人とそうで無い人を見極める方法

サラリーマンあるある 上司に一言物申す 会社

会社には

  • 残業したくてしている人と
  • 残業したくなくても知れいる人

がいると、思います。

これを見極める事は、なかなか難しく

会社を腐らせる1つの要因だと思います。

 

見極める方法

見極める方法を考えました。

通年、その人の残業時間をみて、常に毎月残業時間が多ければ、その人には問題があるでしょう。

  • 残業したくてしているのか
  • 常に残業せざるを得ない出来ない社員か

出来ない社員としても、残業が許される訳ではないと思います。

 

逆に毎月の残業時間に並がある場合

この人は、残業したくて残業している訳ではないと思います。

仕事には全体的に忙しい時期と忙しくない時期があるはずです。

忙しくない時期しっかり出ている人は、残業したくてしている人では無いのでは無いでしょうか。

 

もしも、常にみんな残業時間が多かったり

もしくは、明らかに出来る人が常に残業時間が多かった場合は、

よく無い組織だと思います。

そう組織作っている上層部に問題があると思います。

 

難しいことはわかりますが、

見極められないとなるとほんと、楽して残業代がいっぱいもらえた方が

みんな良いですからね。

そうならない組織を望みます。