読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンの「俺は失敗してねーし」

あー、そうですよ!サラリーマンの愚痴ブログですよ。 人が言われてなかなか変わらないことは知っているが、せめてここでは愚痴らせてくれぃ!

外国人の訪問看護、17年度から。ベトナム、フィリピン、インドネシア

いいね! なるほど 未来について語ろう 注目

高齢化社会ですね。
今後、介護の問題は、深刻化していきまよね、
その一環として17年度から東南アジア外国人の訪問看護を解禁することに決めたとのことです。

介護需要と介護の人手不足の理由

介護の需要は間違いありませんが

  • 人手があればなんとかなるのか?

と考えると、実はそうでもないのではないかと、介護問題は思います。
なので、安易に東南アジア外国人で人材不足を補ったところで、解決するかどうかは不透明ですけど・・・。

なぜ、介護業界は人手不足なのか?

当然ですけど、みなさんわかり切っていると思いますけど

  • 仕事に対し給与が見合わない

んですよね、、、
人材不足というより、日本人は介護で働きたくないのが現実なのではないでしょうか。

これが東南アジアの外国人を入れたらどうなるかのか?

  • 東南アジアの国々の状況と比べたら、仕事に対し給料が見合うのか?

という話ですよね。
でも、東南アジアで暮らしているときは見合ったとしても、東南アジアの外国人も日本で生活して働くとなると、ちょっと大変な状況なのではないでしょか。

需要はあるのに何故、金額に仕事が見合わらないのか?安易な問題ではなさそうに感じます。

 

以下の東南アジアの国々から外国人訪問看護が行われます。

f:id:taizai7h:20160807115557p:plain

  • フィリピン

f:id:taizai7h:20160807115618p:plain

f:id:taizai7h:20160807115639p:plain

 

・・・なるほど。

なんか、思っていたより良いなぁー、、、もしかしたら・・・面白くなるかも。

これは看護業界、アツくなるかも!
17年度が楽しみになってきました笑
看護業界にも興味が湧いてきました笑