読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンの「俺は失敗してねーし」

あー、そうですよ!サラリーマンの愚痴ブログですよ。 人が言われてなかなか変わらないことは知っているが、せめてここでは愚痴らせてくれぃ!

作業業時間を減らした方法。SCSK給与を減らさない

NHK番組「オイコノミア」で取り上げられていた休みの経済学で
残業時間が減って、売り上げが伸びたIT企業「SCSK」が取り上げられていた。

内容を見ていて、素晴らしいアイデアだな、
そんなアイデアを実現できる会社「SCSK」はすごいな、転職(入社)したいな
と正直思いました(調べたら俺の地方には支店がありませんでした)

f:id:taizai7h:20160623220143j:plain

会社の残業が減らない理由。現場の俺が思うに

残業が減らない理由、何だと思いますか?
こんなの現場で見ていれば簡単にわかりますよね、その理由わからない経営層や人事が異常に思えます。

  • 給与じゃ少なく残業代が欲しい

の一点です。その言い訳として

  • 仕事が忙しい

と言っています。
これは立場が上の上司が給与が少ないから残業したい状態だと、悲惨ですよね、、、
仕事の場をコントロールでき、楽な仕事で忙しく残業しているように見せるからです(立場が上でキャリアも上なので好きなように演出できる)

 

会社のジャン業が減らない理由。会社の立場から

番組内で話していましたが、すごく当然な会社の立場からの理由としては

  • 一過性の残業時間のために新しい誰かを雇うより
  • 現在仕事に慣れている人に残業してもらった方が安上がりだから

という理由です。これもわかりますね。

人を新たに雇うにはお金がかかります、そしてその人が仕事を覚えるには時間がかかります(=お金がかかります)。
そうして準備にお金と時間をかけている間に、一過性の仕事が収まり忙しくなくなったら給与分会社としてはマイナスです。
そう考えると、仕事に精通している人が残業してくれた方が管理や費用情楽です。

なので、会社も残業してもらいたいのです。

でも、支出は押さえたいので残業時間を減らし効率よく仕事してもらいたい。

それなのに残業時間を減らしたい理由は?

労働者も残業したい、企業もどちらかというと残業してもらいたい。
それなのに残業時間を減らしたい理由は

  • 労働基準法を守りたいのと
  • 企業イメージです。健全に働いているという(過労なんかでニュースになった日にはイメージは損ねるし、損害賠償になるし、、、)

でしょうね。
それでは残業は減らないように思えます。

SCSKが実施した残業時間を減らす方法

f:id:taizai7h:20160623221854j:plain

残業を減らすと給与が減ってしまう。
減らした残業代を全額社員に還元する

という方法です、会社がこの方法を取り組むのはすごいですよね!

驚きました、この現場主義のアイデアと、それを実現している良い会社があることに

f:id:taizai7h:20160623221905j:plain

ただ単純に残業代を還元するのでは問題が発生してしまいます。

f:id:taizai7h:20160623222133j:plain

ただ単純に残業代を還元するのでは問題が発生してしまうと思います。

  • 仕事が終わらなかったとか
  • 個人単位で行ったときに、上の立場の人が下の立場の人に仕事を押し付けるとか、、、

(そんな上の奴をあぶりだすための方法にするのも面白いですけど)

組織単位で残業を減らす」というのがポイントだと思います。
組織単位なので、みんなで頑張らなきゃならないですし、仕事を遅い人を助けなきゃならい。(たとえそれが残業したがりの上司でも目立ちます)

これは良いアイデアです。

さらに残業時間を減らすための時間効率化のアイデア

f:id:taizai7h:20160623222539j:plain

  • 立ち会議
  • 17時以降の会議禁止
  • 電子メールで情報共有
  • 部署をまたがり応援

なんて、残業時間を減らすために組織単位で工夫してアイデアを出しているそうです。
上の二つは良いアイデアですねー!
立ち会議は、課長や上司のや部長の会議で採用したいです。

うちの会社では上司や課長や部長レベルがくだらなく無駄話が多いんすよね、、、上の人に程、採用したいアイデアででした。
役員になるとさすがに時間が無くなってきて、時間がないことを意識するようになるように感じます。

現場はほんとは誰もが残業時間は減らしたいが残業代は欲しい。
そんな要望を本当にかなえた良い会社も世の中にあるんですね!

広告を非表示にする