サラリーマンの「俺は失敗してねーし」

あー、そうですよ!サラリーマンの愚痴ブログですよ。 人が言われてなかなか変わらないことは知っているが、せめてここでは愚痴らせてくれぃ!

ホリエモンの基調講演を聞いてきた感想。Interopで堀江貴文氏IoT未来について語る

f:id:taizai7h:20150617074943j:plain

Interopという幕張メッセのイベントに行ってきました!
目的は、ホリエモンこと堀江貴文氏の基調講演でした。

業界だけでなくメディアで有名な方の基調講演というのはなかなか一般人は聞ける機会がないので「コレは!」と思い行ってきました。

その中で俺が学んだこと感じたことを書きます。

※ 会場的には写真はNGだったのですが、さすがに有名人ということもあり、会場のみんながパシャパシャ音を立てながら撮影していたので、便乗してしまいました。
シャッター音がかなり気になりましたが、さすがは有名人で、特に何も言いませんでした(撮られ慣れているのでしょう)

 

 Interopホリエモンの基調講演の運営と様子

f:id:taizai7h:20150617075005j:plain

まずは、行った感想と様子ですが予想以上の長蛇の列でした、、、
Interop通常の基調講演は1フロアーで行い、2フロアーあるので2人が平行して基調講演を行うのですが、ホリエモンの時は、もうひとつのフロアも使い(サテライト)公演されました。

ちなみに、基調講演は事前予約して行ったのですが、何のチェックもありませんでしたので飛び入り参加でも出来そうな感じでした、、、(人気の公演はチェックしきれない感じかもしれませんね)

ちょっと待たされました。

 

ホリエモンの基調講演をみて俺が学んだこと感じたことの感想

f:id:taizai7h:20150617075040j:plain

 

スピーチの仕方について

  • 「えー」「まあ」といった言葉がない
  • 自然なジェスチャーが多い

 正直、スピーチの仕方を意識し、上手く話せるようになりたいと思う人から見て(俺です、まだまだ全然ですけど)やはり「上手いな」と感じました。
数分だったら練習で上手くこなせるかもですが、
ホリエモン見たく30分も上手に語れる自信は全く無いですね。

さすが慣れてるなと思いました。
気質なのか、練習したのかわかりませんが、スゴイと思いました、尊敬に値します。
(ただ、やはり語る時間が長いと話の構成というか、伝わった印象としては意外と漠然とぼやけてしまうものなんですね)

 

基調講演の内容について

  • この飽和している感じがちな世の中で楽しんでいる気持ちが伝わる
  • 5年後10年後の未来を想像し動いている

 ホリエモンは、いろいろ叩かれたりもしましたし、俺も可能なら叩きたいですけどw(羨ましいから)
やはり、スゴイなと思いました。

何が自分よりすごくて何が俺と違うのかなという目線で話を聞いていたのですが

  • 飽和している世の中で、欲しい物ややりたいことを見失っている俺と比べ、ホリエモンは飽和しているからこそ、未来を予測することを楽しんでいました

やはり、スゴイ人や偉い経営者は未来を考え予測て、さらに行動に移すんだなと感じました。そして更にそれを楽しめるんだなと感じました。

俺も、未来を考えて行動したいと思いました。

 

ホリエモンの予想する未来について

  • ハードのスクリプト化が進む
  • 人でないと出来ない仕事ってなんだろう?

 そんな中ホリエモンが予測している未来が上記でした。

まずは、ソフトウェアのスクリプト化がプログラムなら、今後は「ハードのスプリクト化が進むだろう」という話でした。
こんな話や表現は俺は考えたことも無かったのですが・・・

  • センサー(IRF、ジャイロ)が低価格化になれば、それを使用したロボットでハード(輸送やレジ打ちなどの単純作業)がスクリプト化出来るでしょう

と言った話でした。
後は、ロボットを導入するのが安いのか、人を雇ったほうが安いのかという違いのみということですね。
考えたことが無かったですが、言われてい見れば「なるほど」と感じました。
こう考えると、近い未来ハードをスクリプト化するのはそう大変ではないと感じました。

あと、もしもこういったハード(単純作業)がスクリプト化された場合、
「今後人間しか出来ない仕事ってなんだろう?」って話ですよね。
これが俺や未来を予測して行動する人への課題であり、ホリエモンのメッセージなんだろうなと受け取りました。

 

最後に

ホリエモンのスピーチの様子や内容を聞いて
悔しいですが、俺の何歩も何十歩も上を行っていますし、
学ぶべきところがかなりあると感じました。

勉強になりました。 

ちなみに、
この基調講演の後の経済産業省の前田泰宏氏の講演も、若干ホリエモンと印象は違いますが勉強になり、良かったです。
やはり、目立つ人は意志と熱意を持っていると感じました