サラリーマンの「俺は失敗してねーし」

あー、そうですよ!サラリーマンの愚痴ブログですよ。 人が言われてなかなか変わらないことは知っているが、せめてここでは愚痴らせてくれぃ!

児童相談所の男児アレルギー死の裁判、両親が敗訴@横浜市について

f:id:taizai7h:20150403073324p:plain

2006年の事件です。

アレルギー怖いなと思った。そして真相もわからないものなんだなと思った

  • 2006年5月、国立成育医療センターで、手足の骨が変形する「くる病」と診断されて入院。
  • 病院は6月に「両親が適切な栄養を与えていない虐待の疑いがある」と児相に通告。
  • 一時保護した児相は7月、男児のアレルギーについて認識していながらアレルギー物質を含む食事を誤って与え、約7時間後に死亡させた。

という経緯。
結局事実関係がわからないし、聞いたマスコミのニュース話だけでは色が付いている可能性もあるので分からないが

  • もし虐待ではなくアレルギーが悩みで子供にまともに食事を与えることが出来なかったとしたら・・・

アレルギーってやっぱ怖いです、、、死に至るアレルギーは確かにあるし
アレルギーが出来るのがわかっていたら、親ならチャレンジはセずに避けますからね。
子供のアレルギー問題、実際になったらどうしたら良いものなんでしょうね、、、

アナフィラキシーショックで死んだ?

f:id:taizai7h:20150403073417p:plain

食べ物のアナフィラキシーショックは、食べてから30分程度で発生するみたいですね。
なので

  • アレルギー物質を含む食事を誤って与え、約7時間後に死亡させた。

が事実ならば、アナフィラキシーショックでは無いかも知れませんね。
ただ事実なのか、事実でないのか、他にも何かあったのかは分かりませんよね。

検死でアナフィラキシーショックだとわかったら良いんですけどね、、、
(どうもわからないので、アナフィラキシーショックだったかどうかが裁判で話されているようですね)

ただ

「一時保護した児相は7月、男児のアレルギーについて認識していながらアレルギー物質を含む食事を誤って与え」

これは明らかに児相の過失でしょ。
アレルギーに対する考えが甘いと思う。
知らなかったならまだしも、認識していながらアレルギー物質を含む食事を与えたとか、、、

直接の死因でなくても、その7時間後なので何かしらの影響は与えている可能性が高いと普通は思いますけどね。

アレルギーって怖い、子供のアレルギーを他人に負かすのも怖い
一体どうしたら良いんでしょうかね、、、と考えさせられたニュースでした